古物商(営業)許可申請手続き
 
古物とは、一度使用された物品、若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。
古物商とは、古物を自ら売買若しくは交換し、又は他人の委託を受けて売買若しくは交換する営業のことをいいます。(1号営業)
 
【 受付窓口 : 営業所管轄の警察署(都道府県公安委員会) 】 
 (同一の都道府県に2以上の営業所を有する場合、いずれか一つの営業所の所在地を管轄する警察署へ申請すれば足ります。管理者は1営業所に1人選任 兼任できません。)
 標準処理期間 : 申請書提出後約40日~60日程度 
 
●古物営業法施行規則により13品目に分類
1.美術品類 2.衣類 3.時計・装飾品類 4.自動車 5.自動二輪車及び原動機付自転車
6.自転車 7.写真機類 8.事務機器類 9.機械工具類 10.道具類 11.皮革・ゴム製品類
12.書籍 13.金券類
 
●許可を受けられない人(以下の欠格事由に該当する者)
①成年被後見人若しくは被保佐人または破産者で復権を得ない者
②禁錮以上の刑、または特定の犯罪により罰金刑に処せられ5年を経過しない者
③住居の定まらないもの
④古物営業の許可を取消されてから5年を経過しない者
⑤法人の役員が上記①~④までの一つに該当する者がある者
⑥営業について成年者と同一の能力を有しない未成年
 
【 許可申請に必要な書類 】
①古物商(古物市場主)許可申請書 ②住民票(外国人登録証明書)の写し ③身分証明書(市
 町村発行のもの) ④登記されていないことの証明書(法務局発行のもの) ⑤欠格事由に該当
 しない旨の誓約書 ⑥過去5年の略歴書 ⑦法人の場合 役員及び管理者全員②~⑥、定款、
 登記事項証明書 ⑧店舗の賃貸契約書の写し(使用承諾書) ⑨URLの使用権限を疎明する
 資料 ⑩店舗周辺地図・見取図 
 ※誓約書は個人用、法人役員用、管理者用の3種類あります
 
【 手数料 ( 収入証紙貼付) 】
古物営業の許可を受ける場合 19,000円
再交付を受ける場合 1,300円
書換えを受ける場合 1,500円
 
 
< 古物商以外の営業形態 として以下の者があります>
●「古物市場主」とは、古物商間で古物の売買または交換のための市場を主催・経営する営業で
 す。(2号営業)
 誰でも利用できるフリーマーケットを主催する場合は、古物市場主許可は要りません。
 
●「古物競りあっせん業者」とは、インターネットオークションが行われるシステムを提供し、提供
 の対価として出品者や入札者から出品・落札手数料などのシステム手数料を徴収している業
 者をいいます。(3号営業)
 
 
 【 リンク 】
 古物商許可申請の解説

 



〒520-3012
滋賀県栗東市岡194-1
TEL.FAX:077-554-1082
  携帯電話:090-4276-4693
 
  無料相談の受付

  ●お電話での予約受付時間

      9:00~18:00

  ●初回60分以内の相談は無料

  ●メール・FAXでの予約は

   24時間受付けています

  ●休日:土曜 日曜 祝日

        (要相談) 

 オール相続